目的と心得


【活動の目的】

 ・本会は、Libraとの協働を通じて、新しい市民協働の理念を模索しながら、市民相互の交流の活性化と、岡崎市全体の生涯学習の発展に寄与することを目的とする。(会則第 3 条 より)

 

①「りぶら」を中心とした民・学・産・官の連携・協働

②市民相互の「交流」・「活動の活性化」・「新しい学び(生涯学習)」の創造をサポートする。

③「りぶら」の利用者と「りぶら」の充実した機能をつなぐ。

④行政と対等な関係で協働。市民の声を行政に伝え、魅力的で使いやすい「りぶら」を目指す。

 

【会員の心得】

 1.目的を理解し、その目的を達成するための役割を果たす。

 2.常に市民参加を意識した事業計画の企画、運営を心がける。

 3.絶えず学び、成長する機会を創り、実践する。

 4.上下ではなく、互いを尊重した対等な関係性を作る。

 5.行政、企業などのに対し、下請けにならない協力体制を図る。