シネマ・ド・りぶら


・今年度より、使用できる上映委映画の幅を広げる為「みんなでシネマ」に加入いたしました。その関係上、HPでの詳細の広報ができない月がございます。予めご了承ください。

・10月より上映再開をいたしますが、ご入場の際に検温と名簿記入をしてたたきます。また会場内も三密回避の対策をさせていただいております、スタッフの指示に従ってご入場ください。

日 時: 10月15日(木)

    ①10:30~ ②14:00〜 ③18:30〜

場 所:岡崎市図書館交流プラザ Libra ホール

参加費:入場無料 

定 員:100名(ソーシャルディスタンスのため)

★託児についてはコロナ感染防止対策として受付停止とします。

 インド映画のリアリズムを世界に知らしめた名匠サタジット・レイの初監督作で、各国映画祭で絶賛された「オプー三部作」の第一作。インドの寒村の貧しい家庭の少年オプーの目に映る、ベンガル地方の自然と、そこに暮らす人々の日常を淡々と描くことにより、人生と死・階級制度・インドの貧困と悲惨を静かに語りかけてくる作品。  

監督 : サタジット・レイ  

出演 : サビル・バナルジー、カヌ・バナルジー、

   コルナ・バナルジー、チェニバラ・デビ  

製作:1955 年 インド モノクロ 125 分

 

※ できるだけ公共交通機関でお出かけください。

※ 上映は事情により変更・中止の場合があります。



【情報保障について】

りぶらホールでは階段席(ロールバック)の範囲にヒアリングループを設置しております。お使いの補聴器を「T」に切り替えていただくことにより、周囲の雑音をカットし、クリアーな音質でお楽しみいただけます。